コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦八体 しんはったいQín bā tǐ

世界大百科事典 第2版の解説

しんはったい【秦八体 Qín bā tǐ】

中国,秦で用いられた八つ書体。文字統一の際,東方六国の書体を廃して定めたもので,許慎説文解字》叙によれば,大篆(だいてん),小篆刻符,虫書,摹印(もいん),署書,殳書(しゆしよ),隷書の八つをいう。ただし,大篆,小篆,虫書(鳥虫書),隷書の四つが字体を意味するのに対し,他の4種は,刻符は割符(わりふ)用,摹印は印璽(いんじ)用,署書は題字用,殳書は武器の刻辞用というように用途による分類である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報