印璽(読み)インジ

大辞林 第三版の解説

いんじ【印璽】

天皇の印(御璽ぎよじ)と国家の印(国璽)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

印璽
いんじ

天皇の印章と国家を表章する印章の総称。公式令(くしきりょう)では、内印(ないいん)(天皇の印)と外印(げいん)(太政官(だいじょうかん)の印)があったが、1871年(明治4)以降、御璽(ぎょじ)、国璽(こくじ)の2種となった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いん‐じ【印璽】

〘名〙 (「」はもと王侯のことで、秦の始皇帝以来天子の印をいう) 御璽(ぎょじ)と国璽、すなわち天子の印章と国家を表章する印章の総称。
※史記抄(1477)五「天子の印璽をば白玉を以て作るぞ」 〔管子‐君臣上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android