コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秩父宮妃勢津子 ちちぶのみやひ せつこ

1件 の用語解説(秩父宮妃勢津子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秩父宮妃勢津子 ちちぶのみやひ-せつこ

1909-1995 昭和-平成時代,秩父宮雍仁(やすひと)親王の妃。
明治42年9月9日ロンドン生まれ。松平恒雄の長女。外交官だった父の関係で海外生活がながかった。昭和3年結婚。長期療養生活をおくった雍仁親王の看護につくした。結核予防会総裁,日英協会,交通遺児育英会の名誉総裁,日本赤十字社名誉副総裁。平成7年8月25日死去。85歳。ワシントンフレンドスクール卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

秩父宮妃勢津子の関連キーワード市之瀬広太神田英蔵沢田慶輔清水武甲原田鋼平岡武夫南良和諸井虔山野愛子由本正秋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秩父宮妃勢津子の関連情報