秩父宮妃勢津子(読み)ちちぶのみやひ せつこ

  • 秩父宮妃勢津子 ちちぶのみやひ-せつこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1909-1995 昭和-平成時代,秩父宮雍仁(やすひと)親王の妃。
明治42年9月9日ロンドン生まれ。松平恒雄長女外交官だったの関係で海外生活がながかった。昭和3年結婚。長期療養生活をおくった雍仁親王看護につくした。結核予防会総裁,日英協会,交通遺児育英会の名誉総裁,日本赤十字社名誉副総裁。平成7年8月25日死去。85歳。ワシントンのフレンドスクール卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秩父宮妃勢津子の関連情報