コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秩父宮雍仁 ちちぶのみややすひと

2件 の用語解説(秩父宮雍仁の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

秩父宮雍仁【ちちぶのみややすひと】

大正天皇第2皇子。幼称淳宮(あつのみや)。1922年宮家を創立。オックスフォード大学に留学,1928年松平勢津子と結婚。スポーツ愛好家として知られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秩父宮雍仁
ちちぶのみややすひと
(1902―1953)

皇族。大正天皇第二皇子。淳宮(あつのみや)と称したが、1922年(大正11)秩父宮の号を受ける。陸軍士官学校卒業。25年渡欧、オックスフォード大学留学。28年(昭和3)松平恒雄(つねお)の長女勢津子(せつこ)と結婚。陸軍大学校卒業後、中隊長、大隊長、南支派遣軍参謀などを務め、皇道派系の青年将校に人気があった。そのため二・二六事件のときはその動向が注目された。37年イギリス国王ジョージ6世の戴冠(たいかん)式に天皇名代として参列。登山、スポーツの愛好家として知られていたが、40年肺結核となり療養生活に入ったが、ついに回復しなかった。45年少将。[小田部雄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秩父宮雍仁の関連キーワード有栖川宮職仁親王桂宮文仁親王志貴皇子高松宮秩父宮三笠宮三笠宮崇仁高松宮宣仁親王秩父宮雍仁親王三笠宮崇仁親王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秩父宮雍仁の関連情報