西の内紙(読み)にしのうちがみ

百科事典マイペディア「西の内紙」の解説

西の内紙【にしのうちがみ】

西の内とも。コウゾを原料とする厚い手すき和紙。茨城県山方町(現・常陸大宮市)西野内で作られたのでこの名がある。現在も少量ながら産し,用途はその強靭(きょうじん)性をかわれて工芸用,記録用,傘(かさ)紙用など多方面にわたる。1977年,栃木県烏山町(現・那須烏山市)の程村紙とともに,国の無形文化財の指定を受けた。
→関連項目千代紙

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「西の内紙」の解説

にしのうち‐がみ【西の内紙】

質はやや粗いが、非常にじょうぶな、生漉きずこうぞ。もと茨城県常陸大宮市西野内で産し、明治時代選挙投票用紙印鑑証明用紙に指定され、全国的に有名になった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「西の内紙」の解説

にしのうちがみ【西の内紙】

茨城県那珂郡山方町ですかれている強靱(きようじん)な楮紙(こうぞがみ)。紙名は,この町で紙をすくとともにその集散地となっていた山方町大字西野内に由来する。佐竹氏が支配していた中世からすでに製紙が盛んであったが,江戸時代になって水戸藩領地となってからは徹底した紙専売制が行われたため製紙業はさらに発展した。《日本山海名物図会》(1754)には,日本の代表的な5紙として越前奉書,美濃の直紙(なおしがみ),岩国半紙とともに関東の西の内紙と程村紙(ほどむらがみ)があげられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の西の内紙の言及

【山方[町]】より

…茨城県北部,那珂郡の町。人口8536(1995)。久慈川中流域にあり,周辺は男体山(654m)につづく山地や鷲子(とりのこ)山塊などに囲まれる。久慈川沿いにJR水郡線,国道118号線が通じている。中心集落山方は近世には水戸と郡山を結ぶ街道の宿場町として,また久慈川舟運の要地として発達した。江戸時代からの伝統をもつコンニャクと西之内紙といわれる手すき和紙の特産がある。1960年代以降人口流出が進み,70年には過疎地域の指定を受けた。…

※「西の内紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android