コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

程瑤田 ていようでんCheng Yao-tian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

程瑤田
ていようでん
Cheng Yao-tian

[生]雍正3(1725)
[没]嘉慶19(1814)
中国,清の学者。安徽省歙県の人。字は易疇 (えきちゅう) 。号は譲堂。益寿翁と称した。乾隆 35 (1770) 年の挙人。官は太倉州学正。江永に師事し,経学をはじめ古典造詣が深く,『儀礼』の喪服の記事を研究した『儀礼喪服文足徴記』,声律を研究した『磬折古義』,地理を研究した『禹貢三江考』などの広い分野にわたる。これらの著述は『通芸録』にまとめられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

程瑤田の関連キーワード嘉慶

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android