コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

挙人 キョジン

大辞林 第三版の解説

きょじん【挙人】

中国、漢代では官僚に推挙された者を、唐・宋代では進士の受験者を、明・清代では郷試に合格し中央で行う会試に応ずる資格を得た者をいう。
こじん(挙人) 」に同じ。

こじん【挙人】

〔「こ」は呉音〕
平安時代、大学寮から推薦されて、考試を受ける資格のある者。こにん。きょじん。

こにん【挙人】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

挙人
きょじん

旧中国において、各省で普通3年に一度行われる科挙の第一段階、郷試(きょうし)の合格者が与えられる資格。西洋人は普通、マスターと訳すが、実際はもっと地位が高い。新挙人は、試験官とともに祝賀の宴を開くが、これを鹿鳴(ろくめい)宴という。首席を解元(かいげん)というのは解試第一番の意味で、宋(そう)代には郷試に相当するものを解試と称したからである。宋代では科挙の失敗者は毎回解試を受け直さなければならなかったが、明(みん)・清(しん)の挙人は固定した地位となり、何回でも次の会試に応ずることができ、また会試ののちに、落第者を集めて特別の試験を行い、成績上位の者を官に任ずる制度も行われた。[宮崎市定]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の挙人の言及

【科挙】より

…同考官がまず予選を行い,その推薦した硃巻を正,副考官が審査して最後的な決定を下し,姓名を現して発表する。合格率は100人に1人以下になることもまれでなく,合格者は挙人と称せられ,生涯の資格となる。 郷試の行われた翌年の3月,北京の貢院において全国の挙人の希望者を集めて会試を行うが,その直前に挙人覆試が課せられる。…

【郷紳】より

…これら読書人の中で,郷紳は,清代中期までは,衿士(きんし)あるいは士人(しじん)という雅称で呼ばれる生員とははっきり区別され,地方官の側から地方の世論の形成者,行政の実質的支持者として重視されてきた。省の科挙試験の合格者で任官資格をもつ挙人(きよじん)は両者の中間の位置にあったが,どちらかといえば郷紳に近い。 明代後半期以来,商品生産と貨幣経済発展は,農村内部に市場町としての鎮を発達させ,鎮をなかだちとして,県城(県都)を中心とする県も単なる行政区画にとどまらず,経済的・社会的に緊密な関係をもつ単位としての性格を帯びてきた。…

【中国】より

…官僚に準ずる身分であることが法的に保証され,みだりに逮捕されず,税制上の優遇その他の特権を受ける。(4)挙人・進士。生員はさらに試験によって挙人,ついには進士にまで進む。…

【明】より


[官僚の選抜]
 官僚の選任については,中央に国子監があって官僚養成機関とされたが,これが実質的機能を果たしたのは初期だけであって,やはり科挙に合格した進士が,高級官僚としては圧倒的な地位を占めた。科挙について前代と変わった点は,郷試の受験資格として府州県に置かれた儒学の生員たることが求められ,したがって事実上儒学の入学試験が科挙の第1段階となったことと,地方試験たる郷試の合格者に与えられる挙人が固定した資格となり,進士に合格するのを待たず,挙人の資格で官界に入る者が出てきたことである。官庁事務を実際に扱うのは,多数の胥吏(しより)であって,彼らは中央から任命される官僚とは,截然たる身分上の差があるが,下級の官僚にはその中から選抜された者が多かった。…

※「挙人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

挙人の関連キーワード林【じょ】バンタン宮崎市定平安時代蕭雲従張煌言段玉裁孫詒譲祝允明王闓運顧貞観王夫之呉稚暉兪正燮楊沂孫包世臣趙之謙李流芳楊守敬黄丕烈

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android