コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種山高原 たねやまこうげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

種山高原
たねやまこうげん

岩手県南東部,北上高地の南部にある物見山 (871m) を中心とした丘陵性の高原。遠野市奥州市住田町にまたがる。北上高地の隆起準平原の一部をなす一大草原で標高 600~800m。江戸時代には伊達氏直営の放牧場であったが,明治年間には陸軍省軍馬補充部の出張所が置かれた。第2次世界大戦後,県営の種山牧野としてウシ,ウマの放牧が行なわれたが,2001年閉鎖された。夏はキャンプ場,冬はスキー場を開設。詩人宮沢賢治の歌碑がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

種山高原の関連キーワード住田(町)種山ヶ原姥石峠江刺

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android