奥州市(読み)おうしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥州〔市〕
おうしゅう

岩手県南西部,北上盆地の南部を中心とする市。西で秋田県に接する。中央を北上川が貫流し,西部を胆沢川が東流して北上川に注ぐ。西に焼石岳連峰,東端に種山高原が広がる。 2006年水沢市,江刺市,前沢町,胆沢町,衣川村の2市2町1村が合体して成立。中心地区の水沢は,延暦 21 (802) 年坂上田村麻呂が蝦夷開拓の基地として胆沢城 (→胆沢城跡 ) を築城した地で,江戸時代は伊達氏の家臣留守氏の城下町として発展し,高野長英後藤新平斎藤実らの逸材を輩出してきた。県下屈指の穀倉地帯で,米,リンゴなどを産出するほか畜産も盛ん。江刺金札米,前沢牛が知られている。伝統的な南部鉄器,南部桐を使用する岩谷堂たんすは特産。裸祭として知られる黒石寺 (こくせきじ) 蘇民祭,本殿が国の重要文化財に指定されている日高神社の火防祭 (ひぶせまつり) などが知られ,高野長英記念館や旧宅 (国の史跡) がある。そのほか国指定重要文化財に岩谷堂の旧後藤家住宅,正法寺 (本殿,庫裏,惣門) ,愛宕神社の兜跋毘沙門天立像,黒石寺の四天王立像と薬師如来坐像などがある。前方後円墳の角塚古墳は国の史跡。西部の焼石岳連峰,石淵ダム周辺は栗駒国定公園に属する。東北新幹線,JR東北本線,国道4号線,国道 107号線,343号線,397号線,456号線が通り,東北自動車道の水沢,平泉前沢インターチェンジがある。面積 993.3km2(境界未定)。人口 11万9422(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奥州市の関連情報