コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種田豊水 たねだ ほうすい

1件 の用語解説(種田豊水の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

種田豊水 たねだ-ほうすい

1832-1899 幕末-明治時代の日本画家,漆芸家。
天保(てんぽう)3年1月8日生まれ。京都の小田海僊(おだ-かいせん)に花鳥画を,尾張の初代金城一国斎に漆塗りの技をまなぶ。土佐の鞘(さや)師種田家をつぎ,維新後人力車の背面に蒔絵(まきえ)をほどこし,豊水蒔絵と評判になる。晩年は日本画で官設展覧会に入賞。明治32年10月1日死去。68歳。長門(ながと)(山口県)出身。本姓は泉。名は績。字(あざな)は師古。通称は光助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

種田豊水の関連キーワードリジェンダー雪華図説ヘンリー鼠小僧堀田正敦オソン[1世]市川団十郎大木喬任大木喬任大木喬任

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone