コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田海僊 おだ かいせん

美術人名辞典の解説

小田海僊

江戸後期の文人画家。下関生。名は瀛、字を巨海、別号に百谷。上洛して呉春に円山派を学ぶが、のち文人画に転向。浦上春琴田能村竹田らと交わる。晩年は京都で在京文人画家の代表といわれた。文久2年(1862)歿、78才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田海僊 おだ-かいせん

1785-1862 江戸時代後期の画家。
天明5年生まれ。京都で円山四条派松村月渓(呉春)にまなぶ。のち文人画に転じ,人物画を得意とした。頼山陽と九州を5年にわたり歴遊。文久2年閏(うるう)8月24日死去。78歳。長門(ながと)(山口県)出身。名は瀛(えい)。字(あざな)は巨海。通称は良平。別号に百谷。著作に「海僊画譜」「海僊十八描法」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小田海僊

没年:文久2.閏8.24(1862.10.17)
生年:天明5(1785)
江戸後期の南画家。名は贏,字は巨海。百谷,海僊,茂林外史などと号した。通称は良平。長州(山口県)赤間関の染工の家に生まれる。22歳で上京。はじめ呉春につき写生的な画風を修得したが,のち頼山陽の助言で,中国元明の古蹟や,粉本を学び,南宗画法に転じた。その勉励の貌は小石元瑞から画痩といわれるほどであったという。頼山陽と共に九州に遊ぶこと5年,帰京ののち画名を高め,中林竹洞,浦上春琴らと並び称せられた。

(星野鈴)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小田海僊
おだかいせん

[生]天明5(1785).長州
[没]文久2(1862).閏8.24. 京都
江戸時代末期の画家。名は贏 (えい) ,字は巨海。通称良平。号は百谷,海僊。文化3 (1806) 年上洛,呉春に師事,四条派の作風を修得。中年以後,親交のあった頼山陽のすすめで中国の元,明の名画を臨模。また山陽と5年間九州を遊歴,南画における一大家となって活躍した。主要作品『桐下美人図』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone