コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

種類株 シュルイカブ

デジタル大辞泉の解説

しゅるい‐かぶ【種類株】

利益配当が優先する、議決権がまったくない、議決権が制限されるなど、普通株とは内容の異なる株式。種類株式

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅるいかぶ【種類株】

議決権や配当などの株主の権利内容が普通株と異なる株式。種類株式。 → 普通株議決権制限株式

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

種類株
しゅるいかぶ

普通株とは権利の内容が異なる株式。会社法は、各株主の権利の内容が同一であることを原則としているが、一定の範囲と要件のもとに、異なる種類の株式を発行することを許容している。これにより、株式会社資金調達に柔軟性や多様性が生まれるという利点がある。利益配当などで他の株式より優先的な地位を与えられる優先株や、剰余金配当や残余財産の分配等について他の種類の株式に比べ劣後的地位にある劣後株などが、これにあたる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

種類株の関連情報