コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲垣満次郎 いながき まんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲垣満次郎 いながき-まんじろう

1861-1908 明治時代の外交官。
文久元年9月26日生まれ。イギリスのケンブリッジ大に留学後,明治24年刊行の外交論「東方策」で好評をえる。30年シャム(タイ)の最初の弁理公使となる。のちスペイン公使をつとめ,明治41年11月25日同地で客死。48歳。肥前平戸(長崎県)出身。本姓は天野。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

稲垣満次郎

没年:明治41.11.25(1908)
生年:文久1.9.26(1861.10.29)
明治期の外交官,南進論者。肥前国松浦郡平戸村(長崎県平戸市)出身。外交官としても活躍したが,著書『東方策』(1891)その他の言論活動により日本の太平洋進出を唱えた南進論者の先駆として著名。

(村瀬信一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

稲垣満次郎の関連キーワード門田 正経政尾藤吉玉置譲斎明治時代

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android