稲垣長剛(読み)いながき ながかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲垣長剛 いながき-ながかた

1807-1847 江戸時代後期の大名。
文化4年8月18日生まれ。稲垣長続(ながつぐ)の子。文政2年志摩(三重県)鳥羽藩主稲垣家5代となる。在任中に城米船からの米の抜き取り事件(波切(なきり)騒動)がおこる。佐藤信淵(のぶひろ)らに財政再建策「鳥羽領経緯記」をかかせ,その実現をはかった。弘化(こうか)4年2月14日死去。41歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android