稲葉 秀三(読み)イナバ ヒデゾウ

20世紀日本人名事典の解説

稲葉 秀三
イナバ ヒデゾウ

昭和・平成期の経済評論家 元・産経新聞社社長。



生年
明治40(1907)年4月9日

没年
平成8(1996)年4月17日

出生地
京都府京都市

学歴〔年〕
京都帝国大学哲学科〔昭和6年〕卒,東京帝国大学経済学科〔昭和9年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等瑞宝章〔昭和52年〕,NHK放送文化賞(第32回)〔昭和56年〕

経歴
京大哲学科を出たが、哲学では食えぬ、と東大に移り経済学を学んだ。昭和12年企画院に入り、物資動員計画を策定。いわゆる企画院事件に連座し、治安維持法違反の疑いで投獄された。戦後、20年に国民経済研究協会を設立し、理事長。37年サンケイ新聞論説主幹、日本工業新聞社長、40年サンケイ新聞社長を歴任。戦後復興期に果たした「傾斜生産方式」、経済安定本部の「三羽ガラス」としての実績には高い評価がある。62年日本エネルギー経済研究所会長に就任。著書に「世界経済と日本」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

稲葉 秀三 (いなば ひでぞう)

生年月日:1907年4月9日
昭和時代;平成時代の経済評論家。産経新聞社社長;産業研究所理事長
1996年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android