稲葉清右衛門(読み)いなば せいうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉清右衛門 いなば-せいうえもん

1925- 昭和後期-平成時代の経営者。
大正14年3月5日生まれ。昭和21年富士通信機製造(現富士通)に入社。NC(数値制御)装置を開発して取締役となる。47年設立のNC装置専業の富士通ファナック(現ファナック)専務となり,50年社長,平成7年会長,のち名誉会長。同社を世界有数の産業用ロボットメーカーにそだてた。茨城県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android