コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数値制御

5件 の用語解説(数値制御の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

数値制御

工作機械に対して、数値を与えて動作を制御すること。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すうち‐せいぎょ【数値制御】

数値による信号指令を用いるプログラム制御方式。工作機械に多く用いられ、工作物に対する工具の位置や送り速度などを指令・制御する。NC(numerical control)。
[補説]元は作業指示にパンチカードなどを用いていたが、現在はコンピューターによる制御が主流のため、コンピュータ数値制御CNC)と同じ意味で使われる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すうちせいぎょ【数値制御 numerical control】

NCと略称する。せん孔テープキーボードなどから与えられる数値指令によって行われる制御をいう。NCは1952年にアメリカのマサチューセッツ工科大学で開発されたNCフライス盤に端を発しており,その後工作機械や他の分野に広く普及した。アメリカ空軍機種変更の際の迅速な生産を可能にするため,融通性のある自動加工手段を模索していた。航空機の機体部材は強度と軽量を必要とするので,むだな肉を削る複雑な切削加工が行われているが,途中のミスを避けるには,精度,信頼性のある加工手段が要求される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

数値制御
すうちせいぎょ

NC(numerical controlの略称)ともいい、デジタル信号によって自動化装置を制御すること、またはそのための方法論、装置一般などをいう。伝統的には工作機械の数値制御がもっとも広く普及している。これは、デジタル信号と正確な位置決めとの対応を再現できる機構、たとえばパルスモーターのような装置が発明されることによって確立された技術であるといえる。このため、工作機械に対して部品を駆動する各軸の動きを指示する情報を数値化して、データを作成しておけば、同じ部品を切削する場合には、工作機械はまったく同一な動作を再現することができる。
 数値制御の技術は、コンピュータと結び付くことによって、生産工学に大きなインパクトを与えた。たとえば工作機械の場合は、切削したい形状や刃物の動きをプログラム言語によって記述し、これを翻訳して工作機械を制御するデータをコンピュータによって作成するようになった。また物体や部品の形状は、CAD(キャド)/CAM(キャム)システムによってグラフィック入出力装置から指定できるようにもなった。さらにセンサーやDA/AD変換装置などの発達によって、温度や変位などの情報をコンピュータに取り込んだり、コンピュータの情報によってモーターやバルブを駆動することが容易にできるようになったため、最近では工作機械ばかりでなく、あらゆる分野に数値制御が取り入れられるようになった。製鉄所や製油所、発電所などの装置を制御する、いわゆるプロセス制御も数値制御方式に置き換えられている。身近な例では、自動車のエンジンをマイクロコンピュータによって制御する装置があるが、これも数値制御の応用である。[小野勝章・山本喜一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

数値制御の関連情報