コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉観通 いなば あきみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉観通 いなば-あきみち

1837-1862 江戸時代後期の大名。
天保(てんぽう)8年8月5日生まれ。稲葉通孚の長男。伯父稲葉幾通(いくみち)の養子となり,天保15年豊後(ぶんご)(大分県)臼杵(うすき)藩主稲葉家14代。外国船の来航にそなえ,軍制をととのえ,海岸深浅図の作成や砲台の築造につとめた。文久2年10月12日死去。26歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲葉観通の関連キーワード稲葉久通渋川敬直天保

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android