コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉鯤 いなば こん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉鯤 いなば-こん

1817-1888 江戸後期-明治時代の書家。
文化14年生まれ。町医の娘。幼時から書にすぐれ,文政5年(1822)から江戸で活躍。8年京都へいき,光格上皇に書をみせて名をあげる。のち大坂で出羽(でわ)久保田藩(秋田県)の御用商人と結婚。渓斎英泉の絵にかいた書がのこる。明治21年1月11日死去。72歳。越後(えちご)(新潟県)出身。通称は愛。号は東海女史。後名は三尾,三保。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

稲葉鯤の関連キーワード明治時代書家

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android