穂波(読み)ほなみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穂波
ほなみ

福岡県中部,飯塚市中部の旧町域。嘉穂盆地の中央部,遠賀川の支流川上流域にある。 1957年町制施行。 2006年飯塚市,筑穂町,庄内町,頴田町と合体して飯塚市となる。明治中期から炭鉱町として繁栄し,1955年に人口は4万 2000をこえた。 1960年代の相次ぐ閉山で 1966年には全炭鉱が消滅し大打撃を受けた。その後は産炭地域振興事業により,1971年に造成された飯塚団地を中心に,機械,縫製,金属,紙加工,食品などの工場が進出し,飯塚市街地の南に続く工業・住宅地区に変貌した。周辺農村部では米のほかイチゴ,野菜を産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ほなみ【穂波】

稲などの穂が風にゆらぐさまを波にたとえていう語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

穂波
ほなみ

福岡県中北部、嘉穂(かほ)郡にあった旧町名(穂波町(まち))。現在は飯塚(いいづか)市の中部を占める。旧穂波町は1957年(昭和32)町制施行。2006年(平成18)飯塚市に合併。旧町域の西部は三郡(さんぐん)山地東斜面の山地だが、東部は花崗(かこう)岩と古第三紀層からなる小丘陵が広く分布、中央部を遠賀(おんが)川支流の穂波川が内住(ないじゅ)川と合流して北流している。JR筑豊(ちくほう)本線、国道200号、201号、八木山(やきやま)バイパスが通じる。明治中期以降、筑豊炭田有数の炭鉱町として発展、住友、三菱(みつびし)、日鉄など大手鉱が進出したが、1966年までに全山閉山、著しい人口減少と鉱害が発生した。現在は稲作を中心とした農業を主産業とするが、東部に大規模な飯塚工業団地が造成されている。西端の龍王(りゅうおう)山はハイキングやキャンプ場として行楽客が多い。[石黒正紀]
『『穂波町誌』(1969・穂波町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

穂波の関連情報