(読み)ほ

精選版 日本国語大辞典「穂」の解説

ほ【穂】

〘名〙 (「ほ(秀)」と同語源)
① 長い花軸茎がぬき出て、その先端周辺部に花・果実などが密集して付いたもの。イネ科などの植物にみられる。
※古事記(712)「柯を連ね穂(ほ)を并す、史書すことを絶たず」
万葉(8C後)二・八八「秋の田の穂(ほ)の上に霧らふ朝霞何時へのかたに我が恋やまむ」
・筆などとがっているものの先の部分。尖端。
※武具要説(1577)「槍の穂も、はくは長きが能候」
③ つぎ木、さし木に使う芽のついた小枝。さしほ。つぎほ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「穂」の解説

ほ【穂】

《「」と同語源》稲・麦やススキなどの花序。長い茎の先に花や実が群がりついたもの。特に、稲のものをいう。
槍・筆など、とがっている物の先の部分。「筆の」→
接ぎ木挿し木に使う芽のついた小枝。挿し穂。接ぎ穂。
[下接語]稲穂・刈り穂・挿し穂垂り穂接ぎ穂出穂波の穂抜き穂初穂みず(ぼ)粟穂稗穂あわぼひえぼ落ち穂黒穂ささ穂・つるぬかひつじ
[類語]稲穂初穂落ち穂穂先穂波穂並み瑞穂垂り穂

すい【穂〔穗〕】[漢字項目]

常用漢字] [音]スイ(漢) [訓]
スイ
穀物のほ。「穂状禾穂かすい麦穂・出穂期」
ほのような形をしたもの。「花穂
〈ほ(ぼ)〉「穂先稲穂空穂うつぼ初穂瑞穂みずほ
[名のり]お・みのる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「穂」の解説



spike

植物の花で,花軸上にがないか,きわめて柄の短い小さな花が連続して並んでついているもの。花序としては,穂状花序総状花序,またはその複合した形となる。イネ,ススキなどの花穂などがその例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android