コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂積忠 ほづみ きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穂積忠 ほづみ-きよし

1901-1954 大正-昭和時代の歌人。
明治34年3月17日生まれ。中学時代に北原白秋の門下となり,国学院大で折口信夫(おりくち-しのぶ)に師事。昭和14年二人の師にささげた第1歌集「雪祭」で多磨賞,歌人協会賞。昭和29年2月27日三島南高校長在職中に死去。52歳。翌年遺歌集「叢(くさむら)」が刊行された。静岡県出身。
【格言など】雪山の道おのづからあはれなり猪(しし)は猪の道杣(そま)は杣の道(「雪祭」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

穂積忠の関連キーワード穂積 由香里多磨

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android