コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雪祭(り) ユキマツリ

デジタル大辞泉の解説

ゆき‐まつり【雪祭(り)】

長野県下伊那郡阿南町新野(にいの)の伊豆神社で、その年の豊作を祈って正月14日から15日にかけて行われる祭り。田楽や古風な猿楽などが夜を徹して行われる。 新年》
雪の多い地方で、さまざまな雪像や氷の彫像をつくって競ったりする観光行事。2月上旬に北海道札幌市で行われるものなどが有名。 冬》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

雪祭

長野県下伊那郡阿南町伊豆神社に伝わるり。毎年1月に行われ、古くは「御神事」「田楽祭」とも呼ばれた。雪祭の名称は大正期に民俗学者の折口信夫が当地を訪れて以来のもの。雪を豊年予兆として神前にそなえ、徹夜で舞いや田遊びなどを演じて奉納する。1977年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆきまつり【雪祭】

長野県下伊那郡阿南町新野(にいの)の伊豆神社の祭り。1月14日から15日にかけて夜を徹して行われる。〈御神事〉とか〈田楽祭〉と呼ばれるように小正月にその年の豊作を祈願する祭りで,雪を豊年の吉兆とみて神前に供え,雪を投げる習慣などがある。1926年に折口信夫(おりくちしのぶ)がこれを見て〈雪祭だね〉と感想を述べたことから一般に雪祭と呼ばれるようになった。伊豆神社は室町中期に伊豆から移住した伊東氏がまつったものといい,祭りは領主の関氏が郷里,伊勢の〈田の神祭〉を模して1454年(享徳3)に始めたと伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雪祭
ゆきまつり

長野県下伊那(しもいな)郡阿南(あなん)町新野(にいの)の伊豆神社で1月14日から15日にかけてに行われる祭り。「新野の雪まつり」ともいう。雪祭の名は、雪を豊年の予兆とみて、かならず雪がなければならぬとされているところから出ている。もとは二善(にぜん)寺のお祭、田楽(でんがく)祭などとよばれ、明治以前は伊豆神社の別当寺である二善寺の住僧も携わった。祭りの参与者は氏子で、内輪衆(うちわしゅう)、上手(わで)衆、平(ひら)、後立(ごだつ)、市子(いちこ)という組織があって特定の役を勤める。以前は1月11~13日に、祭具や仮面を伊豆神社から諏訪(すわ)神社へ移すお面おろし、祭具の整備をする笠(かさ)張り、禊(みそぎ)をするお滝入りなどの行事があったが、現在はすべて13日に行っている。14日午後に、諏訪神社より伊豆神社へ御神幸をして、神楽(かぐら)殿や拝殿で「昼田楽(ひるでんがく)」「論舞(ろんまい)」「万歳楽(まんざいらく)」「宣命(せんみょう)」「順の舞」「中啓の舞」などがあり、次に境内の正月飾りを集めてつくった大松明(たいまつ)を立て、火をともし、庭の舞に移る。「さいほう」「本座田楽」「もどき」「新座田楽」「競馬(きょうまん)」「牛」「翁(おきな)」「松影」「しょうじっきれ」「海道下り」「神婆(かんば)」「天狗(てんぐ)」「八幡(はちまん)」「しづめ」「鍛冶(かじ)」「田遊(たあそび)」などの諸芸能が夜を徹して行われる。雪祭は、神楽、田楽、面形(めんがた)の舞、田遊などが結び付いた修正会(しゅしょうえ)風の神事で、これらの諸芸能は芸能史の貴重な史料となっている。国指定重要無形民俗文化財。[渡辺伸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の雪祭(り)の言及

【もどき】より

…たとえば御神楽(みかぐら)の人長(にんぢよう)と才男(さいのお),能の《》と《三番叟》を,神ともどきの関係としてみることができるし,舞楽の《二ノ舞》は,《安摩(あま)》の答舞の形をとって《安摩》をまねて舞われるが,これは《安摩》に対するもどきである。民俗芸能では,長野県下伊那郡阿南町新野(にいの)の雪祭に登場する〈さいほう〉という神の後に〈もどき〉という面役が〈さいほう〉の所作をおもしろおかしく演じてみせ,静岡県磐田郡水窪(みさくぼ)町の西浦(にしうれ)田楽では,《地固め》《つるぎ》《高足(たかあし)》など庭清めの演目に〈もどきの手〉があり,繰り返し前曲を演じる。もどき的性格は,芸能における役柄や演目だけでなく,祭りの行事次第にもみられる。…

※「雪祭(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雪祭(り)の関連キーワード長野県下伊那郡阿南町新野長野県下伊那郡阿南町フェテデネージュ大石田[町]十日町(市)ハルビン市阿南[町]阿南(町)北澤知奈美西川かずこ藤川矢之輔中村梅雀穂積 忠十日町市伊那谷もどき長野県穂積忠利雪

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android