コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂積押山 ほづみおしやま

2件 の用語解説(穂積押山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穂積押山
ほづみおしやま

6世紀初頭の大和の豪族。継体天皇の時代に任那 (みまな) 国守 (みこともち) として,任那4県の百済への割譲に暗躍し,日本府滅亡の因をつくった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穂積押山 ほづみの-おしやま

?-? 6世紀前半の官吏。
継体天皇6年(512)百済(くだら)(朝鮮)に使いし,馬40頭をあたえられた。任那(みまな)(加羅(から))の哆唎(たり)の国守となったらしい。大伴金村(おおともの-かなむら)とともに任那のうち4県の百済への割譲に尽力し,のちふたりは百済から賄賂(わいろ)をうけたとうわさされた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone