コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂積押山 ほづみおしやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穂積押山
ほづみおしやま

6世紀初頭の大和の豪族。継体天皇の時代に任那 (みまな) 国守 (みこともち) として,任那4県の百済への割譲に暗躍し,日本府滅亡の因をつくった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穂積押山 ほづみの-おしやま

?-? 6世紀前半の官吏。
継体天皇6年(512)百済(くだら)(朝鮮)に使いし,馬40頭をあたえられた。任那(みまな)(加羅(から))の哆唎(たり)の国守となったらしい。大伴金村(おおともの-かなむら)とともに任那のうち4県の百済への割譲に尽力し,のちふたりは百済から賄賂(わいろ)をうけたとうわさされた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

穂積押山の関連キーワード段楊爾官吏

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android