コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂積押山 ほづみおしやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穂積押山
ほづみおしやま

6世紀初頭の大和の豪族。継体天皇の時代に任那 (みまな) 国守 (みこともち) として,任那4県の百済への割譲に暗躍し,日本府滅亡の因をつくった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穂積押山 ほづみの-おしやま

?-? 6世紀前半の官吏。
継体天皇6年(512)百済(くだら)(朝鮮)に使いし,馬40頭をあたえられた。任那(みまな)(加羅(から))の哆唎(たり)の国守となったらしい。大伴金村(おおともの-かなむら)とともに任那のうち4県の百済への割譲に尽力し,のちふたりは百済から賄賂(わいろ)をうけたとうわさされた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

穂積押山の関連キーワード段楊爾官吏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android