コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂積押山 ほづみおしやま

2件 の用語解説(穂積押山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穂積押山
ほづみおしやま

6世紀初頭の大和の豪族。継体天皇の時代に任那 (みまな) 国守 (みこともち) として,任那4県の百済への割譲に暗躍し,日本府滅亡の因をつくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穂積押山 ほづみの-おしやま

?-? 6世紀前半の官吏。
継体天皇6年(512)百済(くだら)(朝鮮)に使いし,馬40頭をあたえられた。任那(みまな)(加羅(から))の哆唎(たり)の国守となったらしい。大伴金村(おおともの-かなむら)とともに任那のうち4県の百済への割譲に尽力し,のちふたりは百済から賄賂(わいろ)をうけたとうわさされた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

穂積押山の関連キーワード印支弥吉士老筑紫葛子中皇子広媛(1)広媛(2)目頬子目子媛倭彦王荑媛

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone