コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂積清軒 ほづみ せいけん

2件 の用語解説(穂積清軒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

穂積清軒 ほづみ-せいけん

1836-1874 幕末-明治時代の洋学者。
天保(てんぽう)7年1月生まれ。三河(愛知県)吉田藩士。坪井信道(しんどう)らに蘭学をまなぶ。文久2年幕府の軍艦操練所の翻訳方となり,のち江戸赤坂に家塾をひらく。慶応4年彰義隊との関係をとわれて蟄居(ちっきょ)。廃藩後吉田城内に英学塾好問社をひらいた。明治7年8月29日死去。39歳。名は英哲。通称は清七郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

穂積清軒

没年:明治7.8.29(1874)
生年:天保7(1836)
幕末維新期の三河国吉田藩(豊橋市)藩士,洋学者。旧名は清七郎,諱は英哲。藩江戸詰御用人喜左衛門の長男。浦賀奉行所与力だった母の弟中島三郎助の助言で蘭学に向かい,坪井信道,川本幸民,大村益次郎らに25歳まで4年間学ぶ。海軍操練所翻訳方勤務。江戸赤坂で塾を開く。慶応2(1866)年藩邸帰住,藩士に蘭学を教授する。維新時には藩主と西下,藩論を佐幕にまとめるが,幕府軍が敗れて東帰。藩士数十人の彰義隊参加を問われて国元蟄居。このとき,清軒と改名。廃藩後吉田城内に英学塾好問社を開き,女子教育も行う。墓は豊橋市称名院。<参考文献>穂積寅九郎「穂積清軒略伝」(『在村の蘭学』)

(田崎哲郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

穂積清軒の関連キーワード豊橋市二川吉田維新の三傑豊橋鉄道相良宗因須田盛貞中村道太夏目重蔵宮地正人

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone