コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積取比率 つみとりひりつ

世界大百科事典 第2版の解説

つみとりひりつ【積取比率】

一国の自国籍船ならびにこれに外国用船を加えた自国商船隊の自国貿易貨物に対する輸送割合を示す数値である。したがって,積取比率は一国の貿易貨物の輸送における外国船への依存度を表す数値でもある。自国籍船の積取比率が低くなるほど,輸入資源の安定輸送の確保や輸出貿易促進の面で不安を高める。また,このような積取比率の低下は,外国船に対する当該国の運賃や用船料の支払いが大きくなることを意味し,海運国際収支を悪化させる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

積取比率
つみとりひりつ
cargo sharingtrade sharing

海上輸送が取り扱っているその国の全輸出入貨物のうち、自国船が輸送している貨物の割合をいう。自国船のみでなく、その国の海運会社が外国船を用船(チャーター)して、それに輸送させた割合を含める。その国の国際貿易にとって、安定した輸送手段の確保の程度、その国の海運の国際収支の寄与率や国際市場における競争力などを判定する重要な指標である。1970年代に入ると、日本船の便宜置籍船(べんぎちせきせん)化により、日本船の積取比率は減少、外国用船の積取比率が増大した。1997年(平成9)の日本商船隊の積取比率は、輸出で日本船2%、外国用船37%(合計39%)、輸入でそれぞれ17%、37%(合計54%)であった。2006年においては、輸出で2%、35%(合計37%)、輸入でそれぞれ6%、55%(合計61%)となっている。[篠原陽一]
『篠原陽一編著『現代の海運』(1985・税務経理協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

積取比率の関連キーワード海運同盟海運業

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android