コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用船 ヨウセン

デジタル大辞泉の解説

よう‐せん【用船】

ある目的のために使用する船。
貴族・大名などの御座船に従う厠船(かわやぶね)。
傭船(ようせん)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

用船【ようせん】

チャーター。荷主または運航業者が船主から船を借りること。一定期間船員付で貸借するタイム・チャーター(定期用船),船のみを貸借する裸(はだか)用船の別があり,タイム・チャーターには一定の航海について貸借するトリップ・チャーター(航海用船)と一定期間にわたって用船する期間用船とがある。
→関連項目滞船料

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようせん【用船 charter】

船舶の貸借のことで,チャーターともいう。海運業が運送機能を本来の業務とする以上,運送契約海運取引の主要な内容であることはいうまでもないが,海運業では運送契約に加えて,運送手段である船舶の貸借も,伝統的に重要な海運取引の一つになっている。用船という場合,広義には不定期船およびタンカー市場で1船単位で取り決められる運送契約と船舶貸借(用船)契約の双方を意味するが,狭義にまた一般的には後者の用船契約のみを指す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ようせん【用船】

( 名 ) スル
ある目的のために使う船。
御座船に付き従う厠船かわやぶね
傭船ようせん 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

用船
ようせん

チャーターcharterともいう。荷主(用船者)が船舶所有者(運航業者)に貨物を運送させる形態には、個品運送、航海用船、長期運送とがあり、また、運航業者が貸渡(かしわたし)業者(船舶所有者)から船舶を賃借する形態には、定期用船、裸用船、特殊な運航委託とがある。日本の商法では、航海用船のみを用船としているが、実務では個品運送以外をすべて用船とよんでいる。
 個品運送affreightment in a general shipは、主として海運同盟を基盤とした定期船による運送であって、その契約は船荷証券をもってかえ、荷主は賃率表に従って運航業者に貨物を依頼する。航海用船trip charter(voyage charter)は、不定期船による運送であって、運航業者が運賃と引き換えに船舶の全部または一部を荷主に提供し、その貨物を航海を単位として特定区間で運送することをいう。その際、航海用船契約が結ばれるが、実態は運送契約である。それには標準書式があり、船名、貨物の種類と数量、積地・揚地、運送の時期、運賃(用船料)、荷役費の負担、停泊期間、滞船料・早出料などが記載されている。ただ、船舶の提供者は運航業者だけでなく、荷主が自分の貨物だけでは余積(よづみ)が生じる場合、自ら運航業者と同じ立場にたって他の荷主と用船契約することがある。航海用船(契約)には、本来の運賃用船のほかに、船腹用船や日貸用船がある。また、用船期間の決め方は、単独航海用船だけでなく、連続航海用船もある。さらに、インダストリアル・キャリッジのもとで、それが6か月から10年にもなり、長期運送(契約)が発生することとなった。
 定期用船time charterは、運航業者が貸渡業者から船員の乗り組んだ船舶を一定期間、用船料を支払って借り入れ、運賃を稼ぐ形態である。その契約の性格について諸説があるが、日本では賃貸借と労務提供の混合契約とされている。裸用船bare charterは、運航業者が貸渡業者から船舶のみを一定期間借り入れ、自社の船員を乗り組ませて自社船のように運航する形態である。その契約は純粋な賃貸借契約である。運航委託operating agreementは、船舶所有者が運航採算についていっさいの責任を負い、ただ運航業務のみを集荷力のある運航業者に委託し、手数料を支払う形態である。これら運航業者と貸渡業者の間は対等な取引関係ではなく、支配・従属の関係にある。[篠原陽一]
『篠原陽一編著『現代の海運』(1985・税務経理協会) ▽川上博夫・中橋誠著『外航海運の営業実務』(1994・成山堂書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

用船の関連キーワードインダストリアル・キャリア船舶不稼働損失保険ワールドスケールマルシップ方式畳み船・畳船マルシップ制大沢権右衛門日の丸御城米志田 岩太郎浮島丸事件多々良孝平貿易外収支鉱石専用船便宜置籍船志田岩太郎華山大義船荷証券丸シップトーハツ積取比率

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

用船の関連情報