積水ハウス[株](読み)せきすいハウス

百科事典マイペディア「積水ハウス[株]」の解説

積水ハウス[株]【せきすいハウス】

住宅メーカー・トップ。1960年積水化学工業がプラスチックの用途拡大のためハウス事業部を設立し,プレハブ住宅の事業化を計画。同年,旭化成工業(現旭化成)・三和銀行(現UFJ銀行)等の出資を得て,積水ハウス産業を設立。1963年現社名改称。プレハブ住宅の総合メーカーとして群を抜いた存在。自社生産・自社販売の直販体制で顧客の支持を獲得。強力な営業力が強み。マンション・都市再開発などに事業を拡大している。木造住宅にも力を入れる。本社大阪,工場滋賀,茨城ほか。2011年資本金1865億円,2011年1月期売上高1兆4883億円。売上構成(%)は,工業用住宅請負47,不動産販売15,不動産賃貸25,その他12。→プレハブ建築

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「積水ハウス[株]」の解説

せきすいハウス【積水ハウス[株]】

プレハブ住宅業界のトップ企業。前身は,プラスチックの総合会社,積水化学工業(1947設立)のハウス事業部で,1960年8月に積水ハウス産業()として独立,設立された(1957年積水化学がオールプラスチック製住宅開発の方針を打ち出し,60年に完成し,その販売のため同年3月に設けられたのがハウス事業部である)。当初は苦難期が続いたが,63年,積水化学専務の田鍋健社長に就任し,社名を現在の積水ハウス(株)に変更し,積水化学工業からの出向社員をすべて移籍させて名実ともに独立した会社にするなど,大幅な改革を実施した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android