コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積聚説 シャクジュウセツ

デジタル大辞泉の解説

しゃくじゅう‐せつ【×聚説】

インド哲学の宇宙論の一。無数に存在する地性・水性・火性・風性の4種の原子が結合・集績して世界が成立するとする多元論的世界観。サーンキヤ学派などの転変説に対するもので、最初ジャイナ教で唱えられ、のち、バイシェーシカ学派によって組織された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃくじゅうせつ【積聚説】

インド哲学の宇宙論の一。無数に存在する地・水・火・風の四元素が結合集積して世界が構成されるとする多元的・唯物論的宇宙観。バイシェーシカ学派がその代表。一より多への展開を説く転変説に対する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

積聚説
しゃくじゅうせつ

集積説」のページをご覧ください。

積聚説
せきしゅせつ

集積説」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

積聚説の関連キーワードインド哲学

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android