積鬱(読み)セキウツ

精選版 日本国語大辞典の解説

せき‐うつ【積鬱】

〘名〙
① うっとうしい天候がながく続くこと。連日、天気が晴れないこと。〔運歩色葉(1548)〕
② 苦しくつらい気持が積もり重なること。心配がつもること。また、その心配。
異制庭訓往来(14C中)「不審之処。委細承候条。令此間積鬱候畢」
信長記(1622)一下年来の積鬱(セキウツ)ここに散らしぬ。彼凶徒を誅戮して、ちかくは義輝鹿苑寺の教養に報じ」
③ 長くつづく沈滞

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる