穴馬(あなま)かぶら

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

穴馬かぶら[根菜・土物類]
あなまかぶら

北陸甲信越地方、福井県の地域ブランド。
主に大野市で生産されている。大野市和泉地区の各家庭では、からかぶの栽培がおこなわれていた。1984(昭和59)年、かぶの特産化に取り組むこととなり、品質統一などをするとともに、合併前の地名から穴馬かぶらと名付けられた。収穫は10月下旬〜11月中旬頃。やわらかい肉質と甘さをもち、上部が赤紫色、下部が白色をしている。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android