コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空包 くうほうblank cartridge

翻訳|blank cartridge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空包
くうほう
blank cartridge

空弾とも呼ばれる。実弾代りに,木製紙製などの栓をつけた薬包銃砲に装填し,発射音を出すことを目的とし,演習における射撃,礼砲あるいは威嚇射撃に使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くう‐ほう〔‐ハウ〕【空包】

弾丸の代わりに木・紙製の栓を薬莢(やっきょう)の先につめ、発射音だけが出るようにした演習用・儀礼用の弾薬。⇔実包

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

空包【くうほう】

鉄砲の発射音と煙を安全に出すため,黒色火薬または燃えやすい火薬を薬莢(やっきょう)に入れ,弾丸の代りにボール紙やこわれやすいコルクなどでふたをしたもの。演習用のほか大砲では礼砲にも使用する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

くうほう【空包】

音だけが出るようにした、儀礼用または演習用の弾薬。弾丸の代わりに、木や紙の栓を薬莢やつきようの先につめてある。空弾。 ⇔ 実包

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の空包の言及

【弾薬】より

…小火器弾薬は,拳銃,小銃,機関銃,散弾銃などに用いられ,通常,弾丸,発射薬,雷管付き黄銅製の薬莢(やつきよう)で一体化されている(図1)。実戦用としては,普通弾,徹甲弾,焼夷弾,曳光弾(えいこうだん),およびこれらを組み合わせた弾薬(たとえば曳光徹甲焼夷弾)があり,訓練用には,空包,擬製弾,狭窄弾(きようさくだん)などがある。このほか,口径20mm以上であるが擲弾(てきだん)を小火器弾薬に含めることがある。…

※「空包」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

空包の関連キーワードハム(豚肉の加工品)ポリ塩化ビニリデンウエットエージングエヌ・ピー・シー真空パック自動包装機南部麒次郎古川製作所なまり節真空調理乾燥食品かつお節土佐節熟成肉火工品包装銃弾雷管空砲空弾

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android