コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礼砲 れいほう gun salute

5件 の用語解説(礼砲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

礼砲
れいほう
gun salute

軍隊や軍艦が敬意表明のために,大砲を空砲発射すること。その国を公式訪問する外国の元首,政府・軍の高官,または陸軍部隊,艦艇を公式訪問する元首,高官などの到着の際に発射。軍艦が外国港に入港のときや外国軍艦を歓迎するときにも行う場合がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

れい‐ほう〔‐ハウ〕【礼砲】

軍隊の礼式の一つで、敬意・祝意を表すしるしとして撃つ空砲。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

れいほう【礼砲 (gun) salute】

軍隊の礼式の一つ。賓客の到着や離去に際し,あるいは外国の港に入港する軍艦とそれを迎える側によって,敬意を表するために打たれる空砲。大砲が未発達のころは次弾の装てんに時間がかかったため,大砲を空にし相手に対する敵意のないことを示すために,軍艦や砲台が行ったのが起源といわれる。日本ではM.C.ペリーが1853年(嘉永6)に浦賀沖で打ったのが最初で,日本人の手によるものとしては咸臨丸サンフランシスコで打ったものが最初と思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

れいほう【礼砲】

軍隊・軍艦などが、儀礼として撃つ空砲。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

礼砲
れいほう

陸海軍の礼式の一種で敬礼、表祝のために発射する空砲をいう。旧日本陸軍の礼砲式は紀元節天長節、臨時祝日に実施され、天皇に101発、皇族に21発、元帥・陸軍大臣参謀総長に19発、師団長に13発と発砲回数が決められていた。また旧日本海軍礼砲は、天皇・皇族・外国元首に実施する皇礼砲と、海軍大臣軍令部総長に実施する礼砲に区分され、前者は21発、後者は17発と決められていた。現在は国際的な外交儀礼として決まっており、それに従い実施している。[纐纈 厚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

礼砲の関連キーワード栄誉礼儀式軍容諸礼大休止隊務登舷礼分列式六礼小笠原清務

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

礼砲の関連情報