コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礼砲 れいほうgun salute

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

礼砲
れいほう
gun salute

軍隊や軍艦が敬意表明のために,大砲を空砲発射すること。その国を公式訪問する外国の元首,政府・軍の高官,または陸軍部隊,艦艇を公式訪問する元首,高官などの到着の際に発射。軍艦が外国港に入港のときや外国軍艦を歓迎するときにも行う場合がある。夜は行わない。日本の自衛隊の礼砲発射回数は3~5秒間隔で,外国元首 21発,首相 19発,大臣,大将 17発など,最低 11発まで定められている。もともとは,帆船時代の先込め式大砲の慣習によるもので,大砲を発射することによって,大砲の中にはもう弾丸が入っていないことを示した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

れい‐ほう〔‐ハウ〕【礼砲】

軍隊の礼式の一つで、敬意・祝意を表すしるしとして撃つ空砲。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

れいほう【礼砲 (gun) salute】

軍隊の礼式の一つ。賓客の到着や離去に際し,あるいは外国の港に入港する軍艦とそれを迎える側によって,敬意を表するために打たれる空砲。大砲が未発達のころは次弾の装てんに時間がかかったため,大砲を空にし相手に対する敵意のないことを示すために,軍艦や砲台が行ったのが起源といわれる。日本ではM.C.ペリーが1853年(嘉永6)に浦賀沖で打ったのが最初で,日本人の手によるものとしては咸臨丸サンフランシスコで打ったものが最初と思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

れいほう【礼砲】

軍隊・軍艦などが、儀礼として撃つ空砲。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

礼砲
れいほう

陸海軍の礼式の一種で敬礼、表祝のために発射する空砲をいう。旧日本陸軍の礼砲式は紀元節天長節、臨時祝日に実施され、天皇に101発、皇族に21発、元帥・陸軍大臣参謀総長に19発、師団長に13発と発砲回数が決められていた。また旧日本海軍礼砲は、天皇・皇族・外国元首に実施する皇礼砲と、海軍大臣軍令部総長に実施する礼砲に区分され、前者は21発、後者は17発と決められていた。現在は国際的な外交儀礼として決まっており、それに従い実施している。[纐纈 厚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

礼砲の関連情報