コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空母ジョージ・ワシントン くうぼじょーじわしんとん

2件 の用語解説(空母ジョージ・ワシントンの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

空母ジョージ・ワシントン

神奈川県横須賀を母港としている米空母キティ・ホークは1961年の完成で、すでに艦齢45年。2008年夏には退役予定で、交代に原子力空母ジョージ・ワシントンの配備が決まっている。米海軍は現在、原子力推進の空母10隻、通常推進空母2隻を持つ。通常推進のJ・F・ケネディはキティ・ホークの7年後に完成したが、途中の近代化、寿命延長工事が不十分で、大改修の予算がつかず早期退役する。米海軍としては横須賀に空母を置くなら原子力空母しかない。ジョージ・ワシントンは92年完成で満載排水量10万2000t、戦闘・攻撃機48機など約70機を搭載する点はキティ・ホークと同じ、乗員約5750人。自艦の燃料がいらないため航空燃料、弾薬を多く積め、16日間航空攻撃を続行できる。原子炉2基で28万馬力(209メガワット)であるから小ぶりの原子力発電所並みの出力で、これが市街地の近くに常駐することに市民の不安感がある。だが米海軍の原子力推進艦は従来、入港中は原子炉を停止し、陸上の電気ケーブルを引いて生活し、原子炉も電気で保温して劣化を防いでいる。米本国の海軍基地でも市街地のすぐ側に原子力艦が係留されており、米海軍は危険はないとする。ただ出入港時の衝突などの大事故があれば海水が汚染される可能性はゼロとは言い切れない。

(田岡俊次 軍事ジャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

空母ジョージ・ワシントン

1992年に就役した世界最大級の空母。全長は約333メートルで、満載排水量は約10万トン。艦載機約70機を搭載し、西太平洋~インド洋を管轄する第7艦隊の主力艦となっている。横須賀には老朽化したキティホークに代わり、2008年に配備。米海軍が展開する原子力空母11隻のうち唯一、国外に配備されている。

(2011-09-26 朝日新聞 朝刊 横浜 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

空母ジョージ・ワシントンの関連キーワード浦賀神奈川第7艦隊横須賀線在日米海軍按針塚横須賀米海軍横須賀基地岡本伝之助

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

空母ジョージ・ワシントンの関連情報