コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

航空燃料 こうくうねんりょう aviation fuel

5件 の用語解説(航空燃料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

航空燃料
こうくうねんりょう
aviation fuel

航空機のエンジンに使用する燃料。レシプロエンジンには高オクタン価 (80~130) のガソリンを使い,タービンエンジンには灯油に近いジェット燃料油 (灯油型のジェットA,ジェット A1,低蒸気圧ガソリン型のジェットBなど) を使用する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうくう‐ねんりょう〔カウクウネンレウ〕【航空燃料】

航空機に用いる燃料。ピストンエンジン用の航空ガソリン、ジェットエンジン用のジェット燃料がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうくうねんりょう【航空燃料】

航空機のエンジン用燃料。現在用いられている航空燃料は,ピストンエンジン機やヘリコプターの一部に使用されているピストンエンジン用の航空ガソリンと,ジェット機ターボプロップ機,ヘリコプターに使用されている航空用ガスタービン(いわゆるジェットエンジン)に用いられるジェット燃料に分けられる。原油枯渇に対する将来の航空燃料としては,人造石油系燃料以外に液化メタン液体水素などが考えられ研究も行われているが,世界中の多くの空港への分配,輸送,貯蔵,補給などの問題がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうくうねんりょう【航空燃料】

航空機に使用する燃料。ピストン-エンジン機には航空ガソリン、ジェット-エンジン機には灯油を主成分とするジェット燃料が使われる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

航空燃料
こうくうねんりょう
aviation fuel

航空機の原動機(エンジン)に使用される燃料の総称。航空機用の原動機には、古くは蒸気エンジン、電気モーターのほか、ピストンエンジンでもディーゼルエンジンが用いられたこともあったが、現在ではそのほとんどがガソリンを燃料とするピストンエンジンと、ケロシン(軽油)系の燃料を使用するタービンエンジンで、特殊な用途としてロケットエンジンが使われる程度である。したがって、航空燃料は航空ガソリンとジェット(タービン)燃料とからなるといってよい。[落合一夫]

航空燃料の特性

航空原動機の運転条件は地上のエンジンと異なり大きく変化すること、また大きさの割に大きな出力が要求されるので、航空燃料もそれに適応する特性が必要である。
(1)発熱量が大きいこと。たとえばジェットエンジンでは燃料は燃焼室で連続的に燃焼している。推力は燃料の発熱量に比例するので、高い発熱量は推力の増大と燃料消費量の減少に直結する。
 航空燃料の発熱量は1ポンド(453.6グラム)当りのBTU(British thermal unit252カロリー)、または1キログラム当りのキロカロリーで示されるが、航空ガソリンでは1万8720BTU/ポンド以上、ジェット燃料では1万8400BTU/ポンド以上が要求されている。
(2)燃焼性がよいこと。始動性と燃焼の持続性がよく、また煤煙(ばいえん)や有毒ガスを発生しないように完全燃焼することが要求される。
(3)揮発性がよく、高高度でのベーパーロックvapor lock(蒸気閉塞(へいそく))の傾向が少ないこと。高高度に上昇すると気圧とともに気温も低下し、成層圏では標準状態でも零下56.5℃に達する。また極地では地上でも零下50℃以下になることもある。揮発性が低いと引火しにくく、低温時の始動性と燃焼性が悪くなる。逆に沸点の低い成分の混入が多いと、燃料配管の中で気化した蒸気が配管をふさいで燃料の供給を不均一にするベーパーロックをおこしやすい。
(4)低温に耐え、水分の含有率が少ないこと。耐低温性が悪いと、高高度の低温により燃料の粘度が高くなって供給が不均一になったり、燃焼室での燃焼状態が悪くなる。また、燃料の成分が変化したり、溶解している水分が凝固して燃料フィルターや配管を詰まらせる危険もある。
(5)化学的・熱的に安定性が大きいこと。航空機は環境上、温度変化が大きく、また貯蔵や輸送に対しても安定性は必要である。
(6)腐食性がないこと。燃料に含まれている硫黄(いおう)分は燃料タンクや配管・エンジン部品を腐食させる。またジェット燃料では、燃料に含まれているバクテリアが繁殖してフィルターや配管を詰まらせたり、燃料タンクの漏れ止めのシール剤を侵食することがある。
(7)航空ガソリンでは、必要かつ十分なアンチノック性があること。
(8)入手しやすく価格が安いこと。航空機は大量に燃料を消費するため、各所で補給する必要がある。1960年代に隆盛の極にあった航空輸送業が、70年代に相次いで起こった第一次、第二次の石油パニックで一挙に大不況にみまわれたことは、航空燃料の価格の重要性を示している。[落合一夫]

航空ガソリンとジェット燃料

前記のようにもっとも一般的な航空燃料である。
(1)航空ガソリンaviation gasoline 原油を蒸留の温度によって、軽揮発油、重揮発油、灯油、軽油、重油に分離する。ガソリンは、軽揮発油留分を規格にあうように精製して得られる。航空ガソリンには、十分なアンチノック性、適度の揮発性、高発熱性、高化学安定性、耐寒性などが要求される。とくにアンチノック性は不可欠で、使用するエンジンの特性に応じてオクタン価またはパフォーマンス(出力)価で示される何段階かのグレードに分けられている。現在広く用いられているのは100/130または91/96オクタン程度だが、エンジンの信頼性の向上と燃料価格の高騰により、自動車用高オクタンガソリンの使用も一部で考慮されている。
(2)ジェット燃料jet fuel 軽揮発油から灯油までの留分を規格にあわせて配合する。ワイドカットガソリンwide cut gasolineとケロシンkerosene系燃料の2種類がある。ワイドカットガソリンはジェットBまたはJP‐4とよばれ、軽揮発油と重揮発油(ナフサ)の混合に灯油を加えてつくる。ケロシン系燃料はジェットAまたはJP‐5とよばれ、灯油留分から精製されるが、安全対策上、民間航空では引火点の高いケロシン系燃料が使用される。航空機では大量の燃料を搭載しているので、事故が起これば大きな被害をもたらすため、墜落して燃料が漏れた場合の火災の防止など、安全性の確保についての研究が進められている。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

航空燃料の関連キーワード揮発油カウリング片肺航空エンジンエアブリージングエンジン航空機燃料航空発動機リアエンジンポッド航空機の燃料

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

航空燃料の関連情報