コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーク ホーク Hawke, Edward, Baron Hawke

8件 の用語解説(ホークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーク
ホーク
Hawke, Edward, Baron Hawke

[生]1705. ロンドン
[没]1781.10.17. サリー,サンバリーオンテムズ
イギリスの軍人,提督。オーストリア継承戦争 (1740~48) の際,ツーロン (44) ,フィニステル沖 (47) の戦闘で,フランス軍艦捕獲の功をあげ,ナイト爵に叙せられた。七年戦争 (56~63) のとき,ブルターニュの軍港ビレストを中心に,大西洋岸のフランス諸港を封鎖,フランス艦隊をキブロン湾に撃滅し (59.11.20.) ,イギリスの制海権を確立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ホーク
ホーク
Hawk

アメリカ陸軍の低高度用地対空ミサイル。 1959年より実用化。改良型の MIM-23B型では射程 46km,全長 5m,直径 36cm,重量約 600kg,推進方式は固体ロケットホーミング誘導装置をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ホーク
ホーク
Hawke,Robert James Lee

[生]1929.12.9. ボーダータウン
オーストラリアの政治家。西オーストラリア大学およびオックスフォード大学卒業 (1953年度ローズ奨学生) 。 1970年代を通じて労働組合運動の中心的指導者で,1970~80年にかけて労働党の支持母体であるオーストラリア労働組合評議会 ACTUの議長をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ホーク(fork)

フォーク

ホーク(hawk)

鷹。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホーク

オーストラリアの政治家。ウェスタン・オーストラリア大学卒業後,オックスフォード大学に留学。1958年オーストラリア労働組合評議会(ACTU)の研究員になり,1970年―1980年ACTU議長をつとめる。

ホーク

米陸軍の野戦防空用地対空ミサイル。3連装ランチャー(発射台)から発射される固体推進剤ロケットで,発射重量0.6t,射程35km。セミアクティブ・レーダー・ホーミング。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ホーク【fork】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホークの関連キーワードロンドン会議ロンドンアイロンドンパープルロンドンブーツロンドン橋落ちたロンドン・マッチどんどんドメルとロンどんどん どんどんロンドンジンロンドンドライジン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホークの関連情報