コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空洞波長計 くうどうはちょうけいcavity wavemeter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空洞波長計
くうどうはちょうけい
cavity wavemeter

マイクロ波用の波長計および周波数計。マイクロ波が電気伝導度の大きい金属壁で囲まれた空洞で共振する。ラジオやテレビに用いられる電波がその波長に応じた長さのアンテナに共振するのと同じである。Q値は数千から数万ときわめて高くすることができ,鋭い共振により精密に周波数や波長が測定できる。円筒直方体の形状のものがよく用いられるが,球形その他の形でもつくることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

空洞波長計の関連キーワード空洞共振器

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android