コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周波数計 しゅうはすうけいfrequency meter

4件 の用語解説(周波数計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周波数計
しゅうはすうけい
frequency meter

交流電圧や電波などの周波数 (→振動数 ) または波長を測定する計器。周波数に応じて種々の方式がある。標準になる水晶発振器を内蔵した周波数カウンタが広く用いられ,デジタル計測により周波数が直接読取れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

周波数計【しゅうはすうけい】

周波計とも。交流の周波数を測定する装置。商用周波(50,60Hz)には機械的共振を利用した振動片形周波数計がある。高周波測定用のものは周波数カウンターともいい,水晶発振器で一定の時間間隔を作り,周波数パルスを計数する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうはすうけい【周波数計 frequency meter】

交流の周波数を測定する測定器。周波計ともいう。簡易なものに,50~60Hz用として振動片の共振を利用する振動片形周波数計がある。低周波用としては,測定周波数で電子スイッチを動作させ,コンデンサーを充放電させることにより,放電電流が周波数に比例することを利用した周波数計が多い。精密測定には周波数,周期,時間間隔の測定のできるユニバーサルカウンターが用いられる。高周波測定の場合には,水晶発振器を基として,一定時間間隔を作り,これに入る外部の周波数パルスを計数しディジタル表示する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

周波数計
しゅうはすうけい
frequency meter

電波から電力用交流までの周波数を測る計測器の総称。測ろうとする周波数によって種々の動作原理のものがある。商用周波数程度では振動片型、比率計型などの直読型の計器のほか、オシロスコープで観測画面上に図形を描かせ、その形から周波数を求めるリサジューの図形による方法、ストロボスコープ法などがある。また可聴周波数の範囲では、交流ブリッジによる方法、CR充放電型(コンデンサーと抵抗による放電)の周波数計などがある。さらに数メガヘルツ以上の高い周波数範囲になると、吸収型周波計が用いられ、さらにレッヘル線(平行二線路)波長計、周波数カウンターなども使われる。[高尾利治]

振動片型周波数計

数百ヘルツ以下の交流周波数の測定に用いられる。固有振動数がわずかずつ異なった薄い鋼鉄製板ばね(振動片)を多数1列に並べて固定したものを、周波数を測ろうとする交流磁界の中に置くと、振動片のうち、測定波の周波数と等しい固有振動数のものだけが共振して激しく振動する。これを利用して周波数を測定する。[高尾利治]

比率計型周波数計

周波数を測ろうとする交流電圧を、周波数特性の異なる二つの電気回路に加え、流れる電流の比を比率計型の計器で測定して、周波数を求める。[高尾利治]

ストロボスコープ法

円周をm等分して明暗部を描いたストロボ円板を、同期電動機で毎秒N回転させ、これを測ろうとする周波数fヘルツの交流で点滅するネオン管で照明し、

が満足されると、ストロボ円板の図形が静止して見える。この現象を利用して周波数を測定する。[高尾利治]

交流ブリッジ法

交流ブリッジの平衡条件には周波数が関係するものがある。それを利用して周波数を測定するもので、代表例としてキャンベルブリッジがある。[高尾利治]

吸収型周波計

吸収型波長計ともいう。インダクタンスおよびキャパシタンス(静電容量)で共振回路をつくり、これに未知周波数の電圧を加えて静電容量を加減して共振させ、周波数を測定する。[高尾利治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

周波数計の関連情報