空間認識力(読み)クウカンニンシキリョク

デジタル大辞泉「空間認識力」の解説

くうかんにんしき‐りょく【空間認識力】

三次元空間における物体の状態や関係(位置・方向・形状姿勢間隔速度など)を、すばやく正確に把握する能力平面図から立体的な空間を想像したり、球技で飛んでくるボール軌道瞬時に把握したりする能力がこれにあたる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android