コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穿孔性腹膜炎 せんこうせいふくまくえん perforative peritonitis

1件 の用語解説(穿孔性腹膜炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穿孔性腹膜炎
せんこうせいふくまくえん
perforative peritonitis

胃腸,胆嚢,膀胱など腹部内臓の穿孔によって,内容漏出による腹膜の刺激と感染のため起る急性腹膜炎の総称。急性虫垂炎胃潰瘍十二指腸潰瘍などに起因するものが多い。症状は嘔吐と腹痛のほか,特徴的症状として板状硬といわれる腹壁の持続緊張がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の穿孔性腹膜炎の言及

【腹膜炎】より

…病状が進行すると,不安,不穏状態となり,ショックに移行する。 原因は最も多いのが虫垂炎の穿孔(せんこう)や胃・十二指腸潰瘍の穿孔で,これがいわゆる穿孔性腹膜炎である。このほか,胆囊の穿孔による胆汁性腹膜炎や,女性生殖器の疾患(子宮付属器炎)による骨盤内腹膜炎などもこれに含まれる。…

※「穿孔性腹膜炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

穿孔性腹膜炎の関連キーワード胆嚢炎内臓神経腹部六腑内損胃腸の交感神経系腹部鼓脹腹部膨満ゴルツの反射

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone