コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穿孔性腹膜炎 せんこうせいふくまくえんperforative peritonitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穿孔性腹膜炎
せんこうせいふくまくえん
perforative peritonitis

胃腸,胆嚢膀胱など腹部内臓の穿孔によって,内容漏出による腹膜の刺激と感染のため起る急性腹膜炎総称。急性虫垂炎,胃潰瘍十二指腸潰瘍などに起因するものが多い。症状嘔吐腹痛のほか,特徴的症状として板状硬といわれる腹壁の持続緊張がある。一般に重い病勢を示し,緊急に全身的処置を行うとともに外科的処置が必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の穿孔性腹膜炎の言及

【腹膜炎】より

…病状が進行すると,不安,不穏状態となり,ショックに移行する。 原因は最も多いのが虫垂炎の穿孔(せんこう)や胃・十二指腸潰瘍の穿孔で,これがいわゆる穿孔性腹膜炎である。このほか,胆囊の穿孔による胆汁性腹膜炎や,女性生殖器の疾患(子宮付属器炎)による骨盤内腹膜炎などもこれに含まれる。…

※「穿孔性腹膜炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

穿孔性腹膜炎の関連キーワード胃腸鼓腸

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android