コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

突っ込み つっこみ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

突っ込み

「突っ込む」とは証券市場の証券売買で用いられる用語で、相場が急に大幅に下げることをいう。このような突っ込みの中で、さらに売ることを「突っ込み売り」といい、さらに買うことを「突っ込み買い」という。株価が急速に下落した場合は反動で価格があがる可能性が高いため、一般的には「突っ込み売り」は控えられる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つっ‐こみ【突っ込み】

勢いよく突進すること。また、その勢い。
内面に深く入り込むこと。「この記事は突っ込みが足りない」
漫才で、ぼけに対して、主に話の筋を進める役。
分けへだてせず全部のものを一緒に含めること。「良い品も悪い品も突っ込みで買い込む」
元禄(1688~1704)ごろ流行した男子の髪形。中剃(なかぞ)りを大きくし、髻(もとどり)を高く、元結(もとゆい)を1寸(約3センチ)余りに結ぶもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つっこみ【突っ込み】

突っ込むこと。また、その勢い。
内部に深くはいり込むこと。物事を深く究めること。 「 -が足りない」
良否・大小などすべてをひっくるめること。 「 -で買うと安くつく」
漫才で、ぼけに対して話を中心になって進める役。舞台では普通、上手かみてに立つ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

突っ込みの関連キーワードウィリアムズ(Elizabeth Williams)JR宝塚線(福知山線)脱線事故JR下関駅無差別殺傷事件アメリカ同時多発テロ事件秋葉原無差別殺傷事件常磐道6人死傷事故京都・亀岡暴走事故ローンウルフ型テロ鹿沼クレーン車事故人形(にんぎょう)アメリカ同時テロ家庭でおこる中毒米国同時多発テロ川口園児死傷事故米同時多発テロますだおかだ同時多発テロ9.11事件人形浄瑠璃野呂間人形

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

突っ込みの関連情報