突っ込み(読み)ツッコミ

デジタル大辞泉の解説

つっ‐こみ【突っ込み】

勢いよく突進すること。また、その勢い。
内面に深く入り込むこと。「この記事は突っ込みが足りない」
漫才で、ぼけの誤りやとぼけを指摘し、主に話の筋を進める役。また、その指摘。
分けへだてせず全部のものを一緒に含めること。「良い品も悪い品も突っ込みで買い込む」
元禄(1688~1704)ごろ流行した男子の髪形。中剃(なかぞ)りを大きくし、髻(もとどり)を高く、元結(もとゆい)を1寸(約3センチ)余りに結ぶもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

突っ込み

突っ込む」とは証券市場の証券売買で用いられる用語で、相場が急に大幅に下げることをいう。このような突っ込みの中で、さらに売ることを「突っ込み売り」といい、さらに買うことを「突っ込み買い」という。株価が急速に下落した場合は反動で価格があがる可能性が高いため、一般的には「突っ込み売り」は控えられる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android