窺い知る(読み)ウカガイシル

デジタル大辞泉の解説

うかがい‐し・る〔うかがひ‐〕【×窺い知る】

[動ラ五(四)]すでにわかっていることをもとにして推測し、そのあらましを知る。だいたいの見当をつける。「表情から自信のほどを―・る」「―・れない内情

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うかがいしる【窺い知る】

( 動五[四] )
表面に現れた一部をみることによって、全体のおよそを察知する。 「師の学識の一斑を-・る」 「他からは-・ることのできない深い事情があるのだろう」
[可能] うかがいしれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

窺い知るの関連情報