立亀葉草(読み)タチカメバソウ

精選版 日本国語大辞典の解説

たち‐かめばそう ‥かめばサウ【立亀葉草】

〘名〙 ムラサキ科の多年草。北海道、本州山地渓谷などの湿った所に生える。高さ約三〇センチメートル。茎・葉ともに短毛を散生。下部の葉は長柄をもち、葉身卵円形で長さ三~五センチメートル。初夏、枝先に白または瑠璃色の小さな花がまばらに一〇個ぐらい咲く。花は柄をもち先が五裂して平らに開いている。はかがみそう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android