立春大吉(読み)リッシュンダイキチ

大辞林 第三版の解説

りっしゅんだいきち【立春大吉】

立春の日の早朝、禅寺の入り口の左右にはる「立春大吉」の四字を書いた紙札。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りっしゅん‐だいきち【立春大吉】

〘名〙 立春の日に、禅寺の門にはる紙札の文句。長さ約三〇センチメートル、幅約一二センチメートルの紙片に書き、読経祈祷してこの紙片を檀家に配布する。道元が伝えたという。《・春》
※雑俳・柳多留‐六五(1814)「立春大吉かたかたは読めねへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android