コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立机 りっき

世界大百科事典 第2版の解説

りっき【立机】

宗匠立机ともいう。俳諧の宗匠となること。宗匠は,連句興行や運座の場を指導,運営し,歳旦帳や撰集を刊行するなどして,一門を形成,経営した。門下の者は宗匠に従って執筆(しゆひつ)などを勤め,指導運営の力量を身につけながら,師たる宗匠の地位を継承するなどして,宗匠となっていった。その場合,文台開きや万句合興行をして,世間にそのことを披露した。【石川 八朗】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

立机の関連キーワード狂句堂 川柳深翠亭 川柳芭蕉(俳人)中川宗瑞水間沾徳岡田機外点者芭蕉万句西鶴

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android