コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立机 りっき

1件 の用語解説(立机の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りっき【立机】

宗匠立机ともいう。俳諧の宗匠となること。宗匠は,連句興行や運座の場を指導,運営し,歳旦帳や撰集を刊行するなどして,一門を形成,経営した。門下の者は宗匠に従って執筆(しゆひつ)などを勤め,指導運営の力量を身につけながら,師たる宗匠の地位を継承するなどして,宗匠となっていった。その場合,文台開き万句合興行をして,世間にそのことを披露した。【石川 八朗】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

立机の関連キーワード杉原宗伊江戸座朱料宗匠宗匠頭巾俳諧師八徳内新好松葉楼小愛吉原酔雨

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone