コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立花壱岐 たちばな いき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立花壱岐 たちばな-いき

1831-1881 幕末-明治時代の武士。
天保(てんぽう)2年5月15日生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)柳河(やながわ)藩家老。陽明学をおさめ,池辺節松,横井小楠(しょうなん)にまなぶ。藩財政の再建,軍備の充実など安政の改革をおこなう。明治2年岩倉具視(ともみ)と会見し廃藩置県・藩知事設置を進言した。明治14年7月24日死去。51歳。本姓は十時(ととき)。名は親雄。字(あざな)は子英。号は胖亭。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

立花壱岐の関連キーワード十時惟恭立花鑑寛明治時代柳川藩天保

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android