コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立花寛治 たちばな ともはる

1件 の用語解説(立花寛治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立花寛治 たちばな-ともはる

1857-1929 明治-大正時代の農業指導者,華族。
安政4年9月5日生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)柳河(やながわ)藩主立花鑑寛(あきとも)の次男。明治7年家督をつぐ。学習院,学農社農学校にまなぶ。19年福岡県山門郡川辺村に私立農事試験場を開設,品種改良,水田裏作の普及などにつくした。伯爵。昭和4年2月5日死去。73歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

立花寛治の関連キーワード大脇正諄児嶋幸吉佐方鎮子志賀法立正野沢重吉牧野貞寧矢部甚五山下千代雄渡部精司大正時代美術

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone