立花鑑寛(読み)たちばな あきとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立花鑑寛 たちばな-あきとも

1829-1909 江戸時代後期の大名。
文政12年6月23日生まれ。立花鑑寿(あきひさ)の孫。立花鑑備(あきのぶ)の養子となり,弘化(こうか)3年筑後(ちくご)(福岡県)柳河(やながわ)藩主立花家12代。立花壱岐(いき)を家老として藩政改革をおこない,財政の立て直しと軍備の充実をはかった。戊辰(ぼしん)戦争では陸奥(むつ)会津(あいづ)(福島県)に出兵した。明治42年2月24日死去。81歳。幼名は淳次郎。通称は次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立花鑑寛の関連情報