コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立花鑑載 たちばな あきとし

2件 の用語解説(立花鑑載の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立花鑑載 たちばな-あきとし

?-1568 戦国時代の武将。
筑前(ちくぜん)(福岡県)立花城主。豊後(ぶんご)(大分県)の大友氏の別家で西大友とよばれたが,永禄(えいろく)11年毛利氏に通じて,高橋鑑種(あきたね)とともに大友宗麟(そうりん)にそむく。宗麟の臣戸次鑑連(べっき-あきつら)に攻められ永禄11年8月14日自害した。通称は弥十郎。

立花鑑載 たちばな-あきこと

たちばな-あきとし

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

立花鑑載の関連キーワード足利義栄足利義昭足利義栄足利義栄安土桃山時代織豊政権豊洲新市場レジオネラ菌薩摩琵琶足利義昭

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone