コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立花鑑載 たちばな あきとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立花鑑載 たちばな-あきとし

?-1568 戦国時代の武将。
筑前(ちくぜん)(福岡県)立花城主。豊後(ぶんご)(大分県)の大友氏の別家で西大友とよばれたが,永禄(えいろく)11年毛利氏に通じて,高橋鑑種(あきたね)とともに大友宗麟(そうりん)にそむく。宗麟の臣戸次鑑連(べっき-あきつら)に攻められ永禄11年8月14日自害した。通称は弥十郎。

立花鑑載 たちばな-あきこと

たちばな-あきとし

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

立花鑑載の関連キーワード戦国時代たちばな立花氏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android