コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋鑑種 たかはし かねたね

3件 の用語解説(高橋鑑種の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋鑑種 たかはし-かねたね

たかはし-あきたね

高橋鑑種 たかはし-あきたね

?-1579 戦国-織豊時代の武将。
大友宗麟(そうりん)につかえ筑前(ちくぜん)(福岡県)岩屋城,宝満城の城主となる。永禄(えいろく)4年毛利氏とむすんで反乱をおこし,10年立花鑑載(あきとし)をたすけて大友氏とたたかう。12年大内輝弘の山口侵攻で毛利軍が撤退したため筑前から追放され,豊前(ぶぜん)小倉城(福岡県)にうつった。天正(てんしょう)7年死去。本姓は一万田。名は「かねたね」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高橋鑑種

没年:天正6(1578)
生年:生年不詳
戦国時代の武将。左衛門尉,三河守。法名宗仙。大友氏の家臣一万田親泰の子で,高橋氏の養子となる。弘治3(1557)年の大内義長の滅亡後,筑前岩屋城・宝満城(福岡県太宰府市)の城督となり,大友氏の筑前支配の要となる。しかし,のちに毛利氏に内通し,大友宗麟に敵対。永禄12(1569)年,毛利氏と大友氏が和睦すると,毛利氏から豊前小倉城(北九州市)を与えられた。反大友派秋月種実の子元種を養子に迎え,天正6(1578)年の耳川の戦で島津氏に敗れた大友氏に再び敵対したが,まもなく没した。<参考文献>木村忠夫「高橋鑑種考」(『日本歴史』240号)

(佐伯弘次)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の高橋鑑種の言及

【高橋元種】より

…筑前の有力武将秋月種実の弟。豊前小倉城主高橋鑑種(あきたね)の養子。1579年(天正7)鑑種が反大友の兵を挙げ,田川郡香春岳(かわらだけ)城を入手するとその城主となり,84年には種実・日田親永と盟を結び,島津氏北上に応じた。…

※「高橋鑑種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

高橋鑑種の関連キーワード渡辺高綱佐野源左衛門尉常世大月景秀河合宗在平維将中条頼平二階堂行章牧野古白松平光親結城左衛門尉